こまめU・ェ・U   

2007年 06月 21日

最近こまめがかゆかゆちゃん
草まけかな??


なんか酷くなってない!?


アレルギー??


とか思っているうちに全身にブツブツがΣ(´д`ノ)ノ!!

即、病院へ

病名は

膿皮症(のうひしょう)
犬の皮膚や被毛には、いつでも細菌がすくなからず付着しています。しかし、普通、皮膚が健康であれば、それらがみやみにふえて皮膚に病気をおこすことはありません。それは、皮膚自体が菌の異常な増殖をおさえる力をもっているためです。
しかし、体の免疫力が低下したり、年をとったりして皮膚が抵抗力を失うと、菌が異常に増え、皮膚が化膿することがあり、これを膿皮症といいます。


症状
細菌の増殖により、皮膚が部分的に赤くなり、だんだんかゆくなっていきます。膿皮症は、体のどこにでもおこりますが、顔やわき、または、内側、指の間などに、よくあらわれます。
初期の段階では、毛の根元の毛包だけに菌がふえ、皮膚の表面に小さな赤い発疹が発生します。進行すると、病変部が丸く広がり、中心部に色素が集まって黒くなり、あたかも牛の目のようになるので、ブル・アイ(牛の目)と呼ぶこともあります。
この病気はかゆみが強いため、犬が舐めたり、ひっかいたりして、1日にして体の広い部分から毛が抜けてしまうこともあります。こうした突発性の脱毛は、なめたり、噛んだりしやすい場所、たとえば、四肢やお尻の部分によくあらわれます。
膿皮症は夏に起こりやすく、症状が進むと病巣が皮膚の深部におよび、患部がふくれあがたり、膿をもったり、ひどい痛みが生じたり、発熱したりするようになります。


原因
皮膚に普通に付着している黄色ブドウ球菌が増殖して膿皮症になります。しかし、重症の場合には、緑膿菌などの悪性の細菌が検出されることもあります。
皮膚の細菌が増殖する原因としては、慢性の皮膚病や免疫の異常、栄養不足、ホルモンの病気、薬物の過剰な投与などがあります。
また、飼主の犬の世話のしかたに、原因があることも少なくありません。たとえは、シャンプーを頻繁にしすぎる、シャンプーの種類が犬にあわない、皮膚病をきちんと治療せずに、放置しておくなどです。


診断方法
詳しく診断するには、皮膚の細菌を培養して検査をしますが、皮膚にはふだんから細菌がついているので、かならずしも、治療に役立つとはかぎりません。そこで、しばしば治療をかねて抗生物質を与え、どの薬が効果があるかを確かめることによって診断をする方法がとられます。


治療方法
皮膚の表面だけが感染している場合には、犬用のシャンプーで洗い流し、抗生物質を与えて細菌の増殖をおさえます。
しかし、皮膚の深部に細菌が入り込んだ場合には、シャンプーと抗生物質だけではあまりよくなりません。このときには、別の病気をもっている場合が多く、それに対する治療も必要になります。
シャンプーには細菌の感染をおさえる成分を含んだものを選びます。しかし、通常、使用回数は、週に2回ぐらいにおさえます。過度にシャンプーすると、皮膚を乾燥させ、逆に症状を悪化させることがあるからです。


予防方法
日々、犬の体をチェックしてあげて、病気の、早期発見、早期治療を心がけましょう。


とのこと(T_T)
こまめちゃんゴメンね!!!すぐ連れて行ってあげなくて!!
反省です↓↓↓
c0087001_23281712.jpg

お注射二本も打たれてショックだったみたいです
暫く放心してました
[PR]

by samo-kome | 2007-06-21 23:29

<< 里帰り お散歩 >>